マグネットの種類と特徴
磁力や使い方によって用途が別れてくる3種のマグネット

マグネットには、おおまかに別けて主に、マグネット原料にプラスチックを混合し成形する「プラスチックマグネット」と材料を焼き固め成形する「焼結マグネット」、ゴムの中に原料を混合し押し出す「ゴムマグネット」の3種類があります。この3種類は製造工程が全く異なり、また発揮する磁力や使い方が別れてきます。
「プラスチックマグネット」はプラスチックを混ぜることで最大磁力は焼結マグネットに劣りますが金型を使用しどんな形にでも成形することができ、主にOA機器やモータ、マグネットセンサーとして使用されることが多い磁石です。
「焼結マグネット」はいわゆる一般的に言われている磁石3種類の中で最も固く、強力な磁力が出せる為、各種モーター・発電機・MRI等様々な場所で使われています。
「ゴムマグネット」はゴムを混ぜることにより磁力は3つの中で最も弱いですが柔らかく薄く成形できる為初心者マークやマグネットシール等主にマグネットシートとして使用されています。
近年は磁石粉末と結合材を混合して成形された磁石はボンド磁石と総称され、プラスチックマグネットやゴムマグネットはこのボンド磁石に分類されます。


3つのマグネットの種類と特徴

 3つのマグネットの種類と特徴
 
焼結マグネット
プラスチックマグネット
ゴムマグネット
製法
原材料を焼き固める 原材料にプラスチックをまぜ溶解し金型にて成形 原材料にゴムをまぜシート状にしたもの
磁力
BHMax:8〜430〔KJ/m3〕
     1〜54〔MGOe〕
BHMax:1.6〜111〔KJ/m3〕
     0.2〜14〔MGOe〕
BHMax: 4 〜 13 〔KJ/m3〕
      0.5〜 1.6〔MGOe〕
特徴
強力な磁力を出すことが可能 どんな形にでも成形可能 カッターやはさみなどで容易に加工可能
用途
大型機械のモーターなど 精密機械のマグネットセンサーなど 玩具や初心者マーク・冷蔵庫用のマグネットなど

 3つのマグネットの種類と特徴

どんな形でも作れるすぐれものはプラマグ!!

マグネットの中でどんな形にもなるのはこのプラスチックマグネットのみです。
成形のままで高い寸法精度と複雑形状が可能な磁石です。
磁石の原料である金属粉末(フェライト・ネオジム・サマコバ・サマリウム鉄窒素等)とプラスチックを混ぜ成形します。プラスチックを含有している分、磁力は落ちますが、成形後加工することなく寸法精度が高い薄肉品や複雑形状の製品が製造できる大きな利点があります。また、ラジアル方向の着磁も容易で、多極着磁も可能で車関係から医療関係・精密機械等、多種多業に渡り幅広い使い道のできるマグネットです。


プラスチックマグネットの種類

プラスチックマグネットはどんな形でも自由に成形できる

プラマグの原材料によって出せる特性が異なります。 コストや成形しようと考えているプラマグの特性によりさまざまな選択が必要になるかとは思います。 サンセイ工業では以下のプラマグを扱っておりお客様のご要望によって材料を選定させていただいております。 プラスチックマグネットの種類でわからないことはご相談にのりますので、お気軽にお問合せ下さい。


フェライト系プラマグ
フェライト系プラマグ
  フェライト磁石は、粉末治金法により製造される酸化鉄を主原料とした磁石です。(等方性・異方性)
特徴
プラマグの原料の中で最もコストが安く、保磁力が高く減磁界の影響を受けにくい磁石。
材料の内部構造により、異方性フェライト磁石と等方性フェライト磁石に分類されます。
多極着磁、ラジアル着磁、磁石が容易に作れます。
用途
モータ関連(ロータ等)回転制御(FGリング、テープ回転センサー等)スピーカ、電磁ブザー、各種磁気センサー、磁気治療器、など

ネオジウム系プラマグ
  ネオジウム磁石は、Nd(ネオジウム)・Fe(鉄)・B(ホウ素)を主原料とした希土類磁石です。(等方性)
特徴
ネオジウム系プラスチックマグネットはフェライト系プラマグより数倍高い磁力を発揮し、マグネットの小型軽量化が可能。小さな部品を作る際に適しています。
しかし、錆びやすく錆びやすく、表面処理が必要とされることがあります。 
また、機械的強度が高いく、割れやかけが少ないため機械加工や着磁後の取扱いが容易にできます
用途
モータ関連(ロータ等)、各種磁気センサーなど
ネオジウム系プラマグ

サマコバ系プラマグ
サマコバ系プラマグ
  サマコバ(サマリウムコバルト)磁石は日本で工業化に成功した最初の希土類磁石です。(異方性)
特徴
高温度使用や安定した温度特性が要求される用途に向いて、機器の小型化、高性能化に適しています。
ネオジム磁石と比べて、耐食性が良いため表面コーティングをしなくても使用可能。
しかし、主原料のサマリウムとコバルトの価格が高く、成形品がもろく欠けやすいという欠点があります。
用途
温度特性がネオジウム系プラスチックマグネットよりも数段に高く、高温領域でかつ高い磁気特性が必要なプラマグに適しています。

サマリウム鉄窒素系プラマグ
  ネオジム磁石,サマコバ磁石を超える性能を持つ磁石として開発された希土類磁石です。(異方性)
特徴
プラスチックマグネットのマグネット原材料の中で最近姿を現した材料。
性能はサマコバと似たような磁力を発揮するが、高温度に対する特性が弱い。
高価なサマコバとはうってかわり、コストパフォーマンスが豊かな材料。
高い磁力が必要なプラスチックマグネットに適しています。
用途
モータ関連(ロータ等)、各種磁気センサーなど
サマリウム鉄窒素系プラマグ

電話でのお問合せ・お見積もりはこちら

サイトマップ
TOPページ
マグネットの特性:マグネットの種類・特性
業務紹介:サンセイ工業の強みプラマグ製作の高い知識と経験主要設備製品実績
インフォメーション:Q&A納品までのフローお問合せ・お見積
サンセイ工業会社案内:会社概要

Catch: Wed Oct 18 23:31:46 2017
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux